文書作成日:2021/12/07

押さえておきたい傷病手当金の支給期間通算の実務ポイント

 私傷病により働くことができず、給与が支給されないときに受給できる健康保険の傷病手当金ですが、支給される期間について、支給が開始された日から起算して最長1年6ヶ月となっているものが、2022年1月より傷病手当金が支給された期間を通算して1年6ヶ月に変わります。今回、厚生労働省より「傷病手当金及び任意継続被保険者制度の見直しに関するQ&A」が示されたことから、この中から押さえておきたい実務ポイントをとり上げます。

[1]支給期間・支給満了日の考え方
 今回の改正により、傷病手当金の支給期間は、支給が開始された日から通算して1年6ヶ月となり、3日間の待期期間を経て、支給を始める4日目より暦に従って1年6ヶ月の計算を行います。
 以下のケースをもとに、具体的に傷病手当金の支給期間・支給満了日の考え方を確認します。

【ケース】 2022年3月1日より労務不能となり傷病手当金を請求するケース

  1. 2022年3月1日〜4月10日 支給期間:38日間
  2. 2022年4月11日〜4月20日 支給期間:10日間
  3. 2022年5月11日〜6月10日 支給期間:31日間
 このケースでは、2022年3月1日から3日までの3日間は待期期間となり、2022年3月4日が傷病手当金の支給開始日になります。そして、支給期間は2022年3月4日から暦に従って1年6ヶ月の計算を行うことになり、2023年9月3日までで、日数は549日間になります。
 支給された期間として1.の支給(38日間)を受給すると、残りの支給日数は511日(549日−38日)となり、2.の支給(10日間)では残りの支給日数が501日(511日−10日)、3.の支給(31日間)では残りの支給日数は470日(501日−31日)となります。

[2]傷病手当金を2022年1月時点で受給していた場合の取扱い
 2021年12月31日以前に傷病手当金を受給していた場合の取扱いは、2021年12月31日で支給開始日から1年6ヶ月間が経過しているか否かで決まります。2020年7月1日以前が支給開始日の場合、2021年12月31日で1年6ヶ月以上が経過しているため、2022年1月1日以降、再び同一傷病で労務不能となったときでも傷病手当金の支給は行われません。2020年7月2日以降に支給開始日がある場合、2021年12月31日において1年6ヶ月経過していないため、2022年1月1日以降、傷病手当金を受給することが可能です。
 例えば、2020年7月2日〜7月31日までの30日間について傷病手当金が支給されていた場合、2020年7月2日から2022年1月1日までの549日が支給期間であり、2022年1月1日時点で、既に30日分の傷病手当金が支給されているため、2022年1月1日時点の受給できる最大の支給日数は519日となります。

 従業員が私傷病で傷病手当金を申請する場合、会社で説明しているケースも多いと思います。過去に傷病手当を受給していた場合にも、今回の改正内容が関係することから、内容を理解し、従業員に説明できるようにしましょう。

■参考リンク
厚生労働省「令和4年1月1日から健康保険の傷病手当金の支給期間が通算化されます」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_22308.html
法令等データベースサービス「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律による健康保険法及び船員保険法改正内容の一部に関するQ&Aの送付について」
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T211115S0010.pdf


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




65歳以上の複数就業者が対象となる雇用保険マルチジョブホルダー制度2021/11/30
高卒新卒の36.9%、大卒新卒の31.2%が入社3年以内で離職2021/11/23
12月以降の雇用調整助成金の特例措置等2021/11/16
今年も11月に実施される過重労働解消キャンペーン2021/11/09
充実するインターネットを通じたハローワークの求人サービス2021/11/02
くるみん認定・プラチナくるみん認定で50万円が支給される助成金2021/10/26
2020年度の労基署による不払い残業代の是正指導 約70億円2021/10/19
改めて確認したいマイナンバーを取扱う際の注意点2021/10/12
20年ぶりに改正された脳・心臓疾患の労災認定基準2021/10/05
長時間労働が疑われる事業場への監督指導結果(2020年度)2021/09/28
2021年9月より労災保険の特別加入の対象が広がりました2021/09/21
2年ぶりに大幅な引上げとなる2021年の最低賃金2021/09/14
口座振替により納付できる労働保険料2021/09/07
テレワーク導入後に発生する課題2021/08/31
実施の徹底が求められる健康診断の事後措置2021/08/24
2020年度に12.65%に上昇した男性の育児休業取得率2021/08/17
8月1日から雇用保険手続きで一部省略が可能となる運転免許証・通帳等の写しの添付2021/08/10
引き続きトップとなった「いじめ・嫌がらせ」の相談件数2021/08/03
障害者雇用において求められる合理的配慮とハローワークへの相談2021/07/27
重要となる職場の熱中症予防対策2021/07/20
精神障害にかかる労災の支給決定件数 過去最高の608件2021/07/13
2020年の労働災害発生状況と高年齢労働者が安心・安全に働ける職場環境づくりを支援するのための補助金2021/07/06
女性活躍推進法における一般事業主行動計画の策定等が義務となる事業主の拡大2021/06/29
過重労働解消キャンペーンによる労基署調査対象事業場の71.9%で法令違反 2021/06/22
新様式となる母性健康管理指導事項連絡カード2021/06/15
年次有給休暇にまつわる実務上間違いやすい留意点2021/06/08
新型コロナの小学校休業にかかる休暇・妊婦の母性健康管理の休暇に対する助成金2021/06/01
厚生労働省の履歴書様式例 性別欄を任意記載欄に変更2021/05/25
5月から変更された雇用調整助成金の特例措置等2021/05/18
次世代法の一般事業主行動計画策定と指針改正2021/05/11
新型コロナの影響でシフトが減少した人の雇用保険の特例等2021/05/04
再延長された新型コロナの影響に伴う標準報酬月額の特例改定2021/04/27
新型コロナによる休業時の労働者支援の動き2021/04/20
引下げとなる2021年度の年金額と脱退一時金の制度変更2021/04/13
障害者納付金制度の対象企業と新型コロナの影響等で休業した場合の取扱い2021/04/06
確認しておきたい雇入時の健康診断の取扱い2021/03/30
2021年4月より変更が予定されるキャリアアップ助成金2021/03/23
2021年4月から義務化される中途採用比率の公表2021/03/16
トライアル雇用助成金に「新型コロナウイルス感染症対応トライアルコース」が創設2021/03/09
2021年3月分から変更となる協会けんぽの健康保険料率2021/03/02
厚生労働省が推進するコロナ禍での在籍型出向による雇用維持2021/02/23
マイナンバーカードの2021年3月からの健康保険証利用2021/02/16
2020年の障害者雇用は雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2021/02/09
有期契約労働者の雇入れ・契約更新と雇止めを行う際の留意点2021/02/02
新型コロナウイルス感染症に関連する助成金の対象期間等の延長2021/01/26
厚生労働省が公開する新型コロナの拡大防止チェックリスト2021/01/19
在籍型出向による雇用維持支援と産業雇用安定助成金(仮称)2021/01/12
企業の年間休日数は平均109.9日に増加2021/01/05
年5日の年休取得義務化と押さえておきたい個別事例2020/12/29
多くの従業員を解雇等するときに必要な届出2020/12/22
情報通信機器を用いて医師の面接指導を行う際の留意点2020/12/15